不動産売却の事例ー分譲マンションの賃貸と転売ー

不動産選びは最重要

会社員だった私が不動産投資 | 購入価格を10%程度上回る金額で売却 | 不動産選びは最重要

半年間の賃貸による収益に加え、幸運なまでの売却益を手にできる、そんな売却手続きは購入に比べ、はるかに楽なものでした。
銀行の審査や煩雑な手続きもありません。
経験豊富なマンション販売会社とその営業マンに詳しく教えてもらいながら順々にやっていけば良いだけでした。
購入希望者がどのような方なのかとても興味がありましたが、売却する側としては関与する必要のないことと教えられ、確かにそうだなと納得でした。
支払いが確実となるべく手配したら、あとは粛々と手続きするだけです。
売却する際にひとつだけ気になったのが、価格の決定プロセスです。
希望の売値を伝えてあったのは確かですが、まさか買値を上回るとは思ってもみませんでした。
購入希望者の方だって、当物件の新築時の販売価格や経過年数、近隣物件の取引価格等々は理解しているはず。
なぜあの価格になったのか本当に不思議でした。
半年前に買った価格より高くなるメカニズムには驚き以外ありません。
仲介してくれた会社や営業担当者の力量といえばそれまででしょうが、絶対に敵にしてはいけない、できれば味方になってもらうことが必要だと痛感しました。